住宅ローン、諦める必要はない

以前から見て、進化していることと言えば、女性の社会進出ですよね。多くの分野で、ハツラツと働く女性の姿が圧倒的に多く認められるようになっています。でも、割合からすると、女性の場合、 正社員というより、 契約社員や派遣社員の方が極めて多いというのが実態のようで、 友達の多くがそうです。

それでも尚、以前女性の派遣社員が住宅ローン借り換えしたくても、 収入の安定性に疑問がなげかけられ、その他の審査基準も厳しく扱われていた時代は長かったといいます。それが最近では、 社会進出めざましい女性の契約社員をターゲットにする金融機関が、 増えてきているようなのです。

近頃、 派遣社員にも開かれてきたものがあると言われている住宅ローンですが、 元はといえば、暗に女性利用者を意識したものから始まったようです。全ての金融機関で派遣社員対象の住宅ローンを扱っているわけではないので、そこは各金融機関に確認することは必要ですが、 銀行によっては年収が一定額以上あれば審査を通るところがあるようです。

それに、金融機関が気にする勤続年数ですが、勤続3年の派遣社員なら条件はより有利なもになってくるようです。勤続半年の正社員と勤続3年の派遣社員が申し込んで、 金融機関は派遣社員の方を審査に通した、という例もあるようです。今は、派遣社員に特化した住宅ローンもあるということなので、 諦めずに金融機関を当たって、合ったところを探すのが、コツの一つだと言っていた経験者もいました。